改善に向けて何をすべきか

ITの業界で技術者の流出による人手不足を防ぐために何をすべきか模索しなければなりません。せめて労働環境が厳しくても会社の発展に繋がる要素となる技術者の新しい製品の提案や経営戦略の見直しなどがあるとして、その提案を積極的に取り入れてその技術者の努力を労っていくなどして仕事に対してやり甲斐を持たせるような働きかけが大事だと思います。

何より技術者のモチベーションの向上を無くして人材不足の解消には繋がりません。モチベーションを向上させることこそ、厳しい労働環境を生き抜く支えとして活かされていくのです。人材不足をどうするのかは全て経営者側の責任で給与・休日・残業といった労働環境をどうにかして変えていくべきなのです。部下の気持ちになって親身に考えたら自ずと手を差し伸べていくのではと考えられます。

足りない人員のままで働かせたりして労働者に皺寄せを向けさせてはなりません。昨今では、人材不足が緩やかな傾向を見せていますが、更なる課題として浮上した質の高い技術者の獲得や育成に向けての改善に乗り出しています。正に「量より質」の考え方を肯定的に捉えたのでしょうか。質の高い技術者によってITの先導を担わせることが重要なのです。当然、良い技術者である方が今後のIT産業のためになるわけです。何はともあれ人材不足の解消はIT育成をしやすいようにするため、ITを学ぶのに特化した教育機関の設立をより一層積極的に進めるべきでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です